糖質を一切摂らないのか

糖質を一切摂らないのか

1日に摂取する糖質量は20g以下に設定していますが、理想は糖質を0gにすることで
す。

 

私も糖質制限ダイエットを始めた当初は0gを目指していました。
ただ糖質0gを目指すと何を食べればよいのかわからなくなり、食材選びの段階で1,2
時間かかった挙句、結局面倒になってゆで卵だけの食事やサラダのみの食事だった
こともありました。

 

糖質を一切摂らないのか

 

さすがに毎食サラダやゆで卵では、体には良いかもしれませんが、私自身が耐えられ
ません。

 

ということもあり、1日の糖質を20gに設定し、そうすることで食事の幅が広がり、精神的
にも楽にダイエットを継続しやすくなったわけです。

 

ただ逆に設定を甘くしすぎるのもよくありません。
もしあなたがダイエットを始めてから3週間経過しても体重が変化しない(前後1kg程
度)なら、1日の糖質の摂取量が多いということになります。

 

毎日の糖質量を20g以内に抑えていれば、2週間経過したところで1kgは確実に減っ
ているはずですから、その場合にはもう少し制限を厳しくする必要があるでしょう。

 

あなたが5年前や10年前に比べて10kg以上体重が増えていて、この糖質制限ダイ
エットを実践しているのならなおさら体重は減りやすくなりますから、1週間〜2週間経
過しても体重の変化があまり見られない場合には、食事の見直しを行ってください。

 

第1章 〜まとめ〜
■ 糖質制限ダイエットの方法(もちづき式)
@ 1日の糖質が20g以下になるような食材を選ぶ
A その食材を食べる
■ 糖質とは何なのか
・ 肥満最大の原因
・ 糖を抑えることで脂肪の供給元を絶つことになる
・ 体内でも糖を作ることができる
・ 主に農作物から生まれる
■ 糖質は一切摂らないのか
・ 基本の目安は1日20g以下だが、0に近い方が良い
・ 摂らなくても全く問題ない

第2章 〜心構え編〜

ここからは糖質制限ダイエットの心構え編です。
この章が最も重要ですので、第2章だけでも頭の中に入れられるようにしてください。

 

1度で覚えられなければ、覚えられるまで何度でも読み、糖質制限ダイエット実践中に
精神的に辛くなった時、壁にぶち当たった時はこの章を再度読み返してみてください
そもそもなぜダイエットをするのか
あなたは誰かにダイエットしろと言われたからダイエットをするのでしょうか。

 

ダイエットを知人にすすめられたり、太ったねと言われたり、ダイエットをするきっかけに
なったのが知人や家族だったとしても、実際に行動に移してダイエットをしようと決意し
たのは「あなた自身」ということになりますよね。

 

おそらくその動機は、健康面が3割、そして痩せてかっこ良くなりたい、モテたい、昔の
頃のシュッとした自分に戻りたいという外見面の変化を求めているものが7割位だった
のではないでしょうか。

 

糖質を一切摂らないのか

 

ちなみに私は外見面を変えたいという動機が10割でした。
鏡を見る度にブサイクになっていく自分が嫌になったのです。

 

顔はパンパン、体も一目見て太っているとわかるくらい横に大きくなり、自分に自信が
ない、となれば人として魅力を感じませんよね。

 

女性の目から見てそんな男性に惹かれることはないでしょうし、男性の目から見ても憧
れられるような存在とはほど遠いことになります。

 

そんな自分が嫌だったからこそ、意を決して私の大好きな白いご飯や揚げ物を我慢す
ることにしたわけです。

 

ここまでネガティブではないかもしれませんが、あなたも同じような理由でダイエットを
始めようと思ったのではないでしょうか。

 

現にこうして私のE-bookを手にしてくださっているのですから、少なからずダイエットに
興味があるということだと思います。

 

これからダイエットを始めるのなら、誰のためにダイエットをするのか、あなた自身がよく
考えて、途中で挫折しそうになったなら、あなたの決意をもう一度思い出してみてくださ
い。

PRサイト